アニマルヘルパー講義紹介シリーズ~訪問時の心肺蘇生~

Part1:心肺蘇生って??

「心肺蘇生」…

この言葉は1度は耳にされたこともあると思います。
えっ!アニマルヘルパーってそんなこともするの!?
それって動物病院の人がすることなんじゃないの!?
やれって言われてもどうするの??
いつするの!?
そんなことできないかも…(´;ω;`)そんなお声が聞こえてきそうですが…

安心してください!!そのための心肺蘇生法の講義です♪

 

そもそも「心肺蘇生」とはなんのでしょう??
「心肺蘇生」とは心臓や肺の機能が低下して、命の危機にある動物に人工呼吸と心臓マッサージを組み合わせて行う「循環の補助方法」です。
つまり、外部から心臓や肺を動かして、脳をはじめとする主要な臓器に酸素を含んだ血液を届け、機能を維持する時間を増やすために行います。
危機的状態の動物に心肺蘇生を行いながら動物病院に搬送することで、命を救うチャンスを増やすことができるのです。
ここで間違えてはいけないのが、「心肺蘇生法」は「その場で動物たちの命を取り留めるためのものではない」ということです。
あくまでも、動物病院に到着するまで、その子の状態を悪化させない(悪化を最小限にとどめる)ことで、動物病院での救命措置につなげることが役割なのです。

どうでしょう?「心肺蘇生」にちょっと興味が出てきたのではありませんか?

あれ?ちょっと待って…ということは…

そうです!心肺蘇生ってそもそも「病院の人がするもの」ではなく、「病院以外の人が(も)すること」なんです!

実際、心肺蘇生はヒトの場合でも一番近くにいる人が行うものです。
何かのイベントや日曜日などに心肺蘇生の市民講座が行われているのを見かけられたことはありませんか?
実はそれくらい誰もが身に着けるべき手技なんです。
動物たちの場合、何かあったときに一番近くにいる可能性が高いのはもちろん、飼主さまです。
そして、飼主さまの代わりに動物たちをケアするアニマルヘルパーです。
「心肺蘇生」はアニマルヘルパーにこそ必要な手技ですね!

しかも、アニマルヘルパーは「動物の専門家」ですから、自分たちが心肺蘇生できることはもちろん、飼主さまへその手技を伝える役割も併せ持たなくてはなりません。

飼主さまは自分がいない間のお世話を「誰でもいいからやってほしい!」と、思っていられるのではありません。
信頼できる人柄の、知識と技術を兼ね備えた人に任せたいと思っておられます。
そのためにはこういった危機的状態にも対応可能である必要があります。

アニマルヘルパー講座では最大級の危機的状態にも対応できるように「訪問時の心肺蘇生法」の講座を行います。

次回は実際の「講座ではどのようなことを行うのか?」をお伝えします。

関連記事

  1. アニマルヘルパー講義紹介シリーズ~介護動物の看護ケアPart2~

  2. アニマルヘルパーコラム 「動物に関わる法律」

  3. アニマルヘルパー講義紹介シリーズ~介護動物の看護ケアPart3~

  4. アニマルヘルパーコラム 「予防のおはなし」

  5. アニマルヘルパー講義紹介シリーズ~介護動物の看護ケアPart4~

  6. アニマルヘルパー講義紹介シリーズ~なぜ、アニマルヘルパーに心肺蘇生の知…

  7. ベーシック講座・一般向け大阪コースを開講中!!

  8. アニマルヘルパー講座開講!

    日本ペットサービス研究会とは???

アニマルヘルパー講座

  1. アニマルヘルパー講座のベーシック講座

最新ニュース

メルマガ会員に登録しませんか?

 

メルマガ会員にご登録いただきますと、

 

新しい講座の開催やその他お知らせ

 

などを定期的に送信させていただきます。

 

icon-hand-o-up メルマガ会員に登録する

 

 


記事カテゴリー