アニマルヘルパーコラム 「動物に関わる法律」

動物にかかわる身近な法律

ワシントン条約や外来生物法など、動物に関連する法律はニュースなどで聞いたことがあるのではないでしょうか?

輸出入が禁止されている野生動物を密輸しようとした事件や川や河原でそもそも日本にはいない動物(カミツキガメとか!)が見つかった時に報道などで取り上げられる法律です。
多くの人にとっては知っているけれどあまり身近に感じない法律ですよね。

もっと私たちに身近な法律の一つに「動物愛護法(動物の愛護及び管理に関する法律」があります。
これは動物に関わる人間が対象とされていますので、もちろん飼主さんも含まれます。
時々、動物が被害を受ける痛ましい事件がありますが、その時に適応されるものです。
「動物は命をもつものであるとして、何人もすべての動物をみだりに殺し、傷つけまたは苦しめることの無いようにするだけでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。」と基本原則を定めています。
その中には飼い主の責任と義務も、最低限努力する事柄として規定されています。
もちろん、法律ですから守らなければ懲役や罰金などの罰則が科せられます。
また、動物を取り扱う業種に関しても動物取扱業の登録を義務づけ、悪質な業者には登録取消や営業停止などの処分も可能となっています

動物のお仕事をするために必ず必要なもの

将来、動物に関わるお仕事をしたい!と考えている方、すでに夢に近づいている方、またはご家族が希望されている方、動物のお仕事をするにあたって大事なことは何だと思いますか?

考えは人それぞれですから、何が一番ということはありませんが、やはり動物が好き!であって欲しいと思います。
そしてパッション!!なんだか熱くなってしまいましたが、好きなことは前向きに頑張れるはずですもの。
大事な要素ですよね。

ですが冷静に考えて・・やはりそれなりの準備は必要です。
必要な知識、技術を学んだりすることもそうですが、独立開業を目指しているなら必ずやらなくてはいけないことがあります。

そう、動物取り扱業の登録です。

動物取扱業とは

動物を取り扱う業者(動物取扱業)は、業種により、一種又は二種動物取扱業の登録をする必要があります。
この登録の申請には一定の基準が設けられており、その一つに実務経験や関連教育機関等の卒業証明、関連の資格などがあります。
ですから、開業をする場合にはまずここをクリアするための準備が必要になります。

他にも、登録申請書や事業所の使用許諾書、飼養施設の平面図などいくつかの書類が必要です。
登録申請書類は、環境省や各自治体のホームページからダウンロードすることができますので、開業を考えている場合にはぜひ一度、申請に必要な要件が整っているか確認することをお勧めします。

関連記事

  1. アニマルヘルパー講座開講!

    日本ペットサービス研究会とは???

  2. アニマルヘルパー講義紹介シリーズ~ヘルパー業務Part3~

  3. アニマルヘルパー講義紹介シリーズ~介護動物の看護ケアPart4~

  4. アニマルヘルパー講義紹介シリーズ~なぜ、アニマルヘルパーに心肺蘇生の知…

  5. アニマルヘルパーコラム 「予防のおはなし」

  6. アニマルヘルパー講義紹介シリーズ~ヘルパー業務Part2~

  7. アニマルヘルパー講義紹介シリーズ~介護動物の看護ケアPart3~

  8. ベーシック講座・一般向け大阪コースを開講中!!

アニマルヘルパー講座

  1. アニマルヘルパー講座のベーシック講座

最新ニュース

メルマガ会員に登録しませんか?

 

メルマガ会員にご登録いただきますと、

 

新しい講座の開催やその他お知らせ

 

などを定期的に送信させていただきます。

 

icon-hand-o-up メルマガ会員に登録する

 

 


記事カテゴリー