アニマルヘルパーとは

当研究会では、ペットのシッターが行う 日常のお世話だけではなく、援助・介助が必要な動物へのサポートも担える人材を『アニマルヘルパー』と定義しています。
(アニマルヘルパー 登録商標第6019206号)

1.アニマルヘルパーとして大切なこと

飼主さまの大切な家族であるペットをお預かりする私たちは、ただ依頼されたお仕事をするだけではなく、ペットの『安心と安全』を確保する必要があります。
そのためには、表情や行動のちょっとした変化を見逃さない観察力や、動物たちにとって心地よい環境を作るための専門的な知識が欠かせません。
私たちは日頃から、自身の経験だけに頼ることなく日々新しい知識をインプットし、飼主さまに正しい情報をご案内し、動物たちには心を込めて適切なケアをすることを心がけています。

例えば、この猫ちゃんの飼主さまは「子供の頃は元気すぎて本当に困っていたけど、今年で6歳になるのでやっと少しだけ落ち着いてきたのよ」と、おっしゃいました。訪問時にオモチャで遊ばせていると、確かに遊ぶのが大好きで元気一杯です。
しかし、遊ばせながら動作や様子を観察していると、ジャンプすることをほんの少し躊躇するような様子が見られました。本当によく遊ぶ猫ちゃんなのですが、ソファやキャットタワーの上り下りになると走るスピートが落ち、すぐ休憩してしまいます。
猫は7歳前後から関節炎の症状が出やすくなります。初期の症状は、特に痛がることもないため気付かぬうちに進行していることがあります。
ある研究では、7歳以降の猫の70%は関節炎を患っているとも言われています。飼主さまには、そのことをお伝えし、ご心配であれば動物病院を受診するようご案内しました。そして股関節に負担のかからないような猫ちゃんとの遊び方の工夫などもご提案しました。

このように、動物達のちょっとした変化を見逃さない観察力と幅広い知識が、アニマルヘルパーの行う「お世話」です。
アニマルヘルパーのお客様は言葉を話さない動物です。言葉でコミュニケーションが取れないからこそ、動物たちの心に寄り添い心を込めてお世話をするのです。
そして、万が一のトラブルにも適切に対応できる頼もしい存在でありたいと思っています。また、介護やケアの必要な動物たちもアニマルヘルパーの大切なお客様です。専門性が求められ責任の重いケースもあります。もしかしたら動物病院で預かってもらった方が良い場合もあるかもしれません。

しかし、ペットにとって安心できる場所はやはり「お家」です。お家の匂いや空間、使い慣れたベッドなどに囲まれた慣れ親しんだ部屋で、飼主さまの外出されている間、アニマルヘルパーが家族に変わって安心と安全を提供するのです。
「お母さん、まだかな」と、お留守番でちょっと寂しい思いをしている動物たちに、私たちは「こんにちは。今日もよろしくね」「今日はマッサージしようか」など、常に語りかけます。
言葉は通じなくても、気持ちを込めたコミュニケーションをすることで動物たちに安心してもらいたいのです。
元気な子も、病気で治療を頑張っている子も、お年寄りの動物さんや離乳前の子犬、子猫ちゃん達もどんな状態でも変わらず「大丈夫、安心してね」と語りかけ、正しい知識と技術でお世話が出来るのがアニマルヘルパーです。

私たちと一緒に楽しく学び、たくさんの動物と飼主さまにとって「頼れるヘルパーさん」になってみませんか?

2.アニマルヘルパーの仕事

ヘルパーの基本的なお仕事は「お世話」です。
当研究会は、「お世話」を「その動物のためになると考えられる活動を、その動物のために、その動物に対して、その動物とともに行うこと」であると定義しています。
つまり、飼主さまに言われたことをそのままやればよいのではありません。
依頼内容を変えてはいけませんが、実際に訪問サポートを受けるのは動物です。
いつも、動物の様子や反応を確認しながら、動物たちの協力を得て業務にあたりましょう。

3.アニマルヘルパーの1日

働く時間はあなた次第!
ご依頼内容によって早い時間や遅い時間に依頼があることもあります。
(平均的な依頼内容の所要時間は約2時間です)

4.こんな方にオススメ!

● 動物が好き!動物のお仕事に 興味がある
● 動物看護師、トリマー、ドッグトレーナー、ペットショップ店員など、今までのスキルを活かして独立したい
● ペットシッターとしてさらに スキルアップしたい
● ペット系事業のサービスの拡大を考えている
●動物病院やペットショップ、トリミングサロンでアニマルヘルパー事業を導入したい